トップページ » ペットの健康セミナー

ペットの健康セミナー

IMG_6229
ホテルニューオータニの宴会場にワンちゃんがいたり
あちこち覗けるブースがたくさんあります。
IMG_6237
私たちは日経プラス1フォーラムのスペシャルセミナーに参加しました。
日経プラス1は、ネットではNIKKEI STYLE で、健康系やグルメ系
最新情報などなどをいつもありがたく拝読しています。
IMG_6244
今回は「毎日の食事からペットの健康を学ぶ」 というセミナーで
100人の人が無料招待されて聴講できるという嬉しいイベント。
IMG_6245
IMG_6246
ゲストのTKOさんが、お二人ともワンちゃんを飼っているそうで
特に木下さんは、ご自身のブランドのデザインにもなっている
フレンチブルドックのお悩み相談をされていました。

おぉぉ・・・画面上にデカデカとお悩みが~ 
IMG_6248
TKOの木下さんはワンちゃんのアトピーで悩んでいるそうです。

アトピーは遺伝だから、アレルゲンを除いてあげないと、
痒がるのは治らないそう。

ダニなのか?食べ物なのか??人間の皮膚片なのか???
人間同様、病院で検査をしてアレルゲンを調べた方がよいそうです。
IMG_6249
犬や猫は、もう野生の動物ではなく、
人間と一緒の生活に適したカラダになっているそうですから、
生肉は人間と同様にダメだそうです。

グルテンフリーやグレインフリーが良いというのは、
本来は人間でも一部のアレルギーなどがある人たちの話で
犬や猫のペットの場合は、科学的な根拠がないそうですから
ネットの話題に踊らされないように!と先生から。

手作りのごはんは、犬と猫、大きさや年齢など
人間向けの栄養学同様、動物向けの栄養学を学んでいないで
作り食べさせるのは、けっこうリスクがあるそうです(◎_◎;)

普段の食事=餌は栄養バランスがキチンと判るペットフードが最適だそうです。
薬の代わりの療法食を、キチンと獣医さんから指導をしてもらわないとダメだし
体重や毛並みの艶や皮膚やペットの行動を人間がキチンと観察して
ペットの健康状態を判断するしかないそうです。

ペットフードは、人間より寿命の短いペットたちの生涯研究で
実績や数値から導き出した、個体それぞれに必要な栄養素や
最適な栄養バランスが計算されて作られているそうです。
表示された量を与えることが一番の健康に繋がるようですよ。

人間も食べ過ぎは良くないですし~ね(^_^;)
なんでも適量が大切ですよね。
IMG_6281
雑誌「犬のきもち、ねこのきもち」の読者のペットフードランキングでも
上位にのぼっているロイヤルカナンさんからのお土産があるとのことで
ペットフードの試食用のお土産でもあるのかな~と思ったら
可愛いルートート製のおりたたみバッグを頂きました。
メッチャ可愛い(*^^*)v

#ロイヤルカナン #ペットの健康セミナー #ペットフード

ロイヤルカナン ロゴ:いぬのきもちねこのきもち




恵ena那ad_pub  at 22:13
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星