トップページ » 焼き(地鶏)肉~初めてでした。

焼き(地鶏)肉~初めてでした。

IMG_0201
スタイルもよくグルメなお友達から教わりました。
アスリート系な人なので、タンパク質好きでお肉に詳しい人から
「串焼きじゃないらしいのよ」「焼肉屋さんみたいに鶏肉を食べるんだって」と。
「気にならない?食べに付き合って〜!」と言われ、お店の場所を聞いたら、
六本木の裏の方とのこと。

この辺りは〜昔からラーメン屋さんが密かにいくつかあり時々通るところで
且つ、ミッドタウンが出来てからは、けっこう入れ替わり立ち替わりが多いエリアで
古いビルが新しいビルに建て替えされるとお洒落なお店が増えている・・・という
イメージです。

先日もランチしか営業していない、最近TVでよくお見かけする
有名シェフのお店へ行く途中に、どんなお店だろう???と実は気になり、
でも昼間だから何も出ていなくて・・・と思っていたガラス張りの
ビルの1階のお店でしたから、ワクワクでした。

お店に入口は夜に来ても、営業しているの?ここでいいの?と思ってしまって
暖簾もなく自動ドアでもなくて、店内が見えない引戸でドキドキでしたが
入ると暖簾の半個室が並ぶ落ち着いていて明るく綺麗なお店でした。

テーブルには確かに焼き肉屋さんでよくみる、無煙コンロと専用網プレートが入っていたので
炭焼き、串焼き、鍬焼きやチリトリ鍋でもなく、焼き(鶏)肉なんだーと、実感&ドキドキ。

プレミアムモルツで乾杯したら、1品目が専用のタレと一緒に「鶏刺し」が出てきました。 
3種のタレ皿は、九州の甘いお醤油とごま油が入って出てきて
空いているところにはテーブルに用意された
トリュフ塩を好みで盛れるようになっていましたが
私の好みとしては、やっぱりごま油とトリュフ塩(*^^*) 見た目通りの旨うまでした。

サラダの後には、メインの焼き(鶏)肉は、3回に分かれて、
14部位出てきました\(◎o◎)/!

FullSizeRender
1皿目がメジャー部位の
モモ・ムネ・セセリ・ハツ・砂肝・ハラミ・レバー
2皿目は、ちょっと通な人が好むような部位?!
ボンジリ・やげん軟骨・ガツ・手羽元セセリ
3皿目は、食道・卵管・卵巣(ちょうちん)だそうで、
私は3部位とも初めてでした(◎_◎;)

普通の焼肉と違うなぁ~と思ったのは、
焼肉のタレなどで味付けされた肉が出てくるイメージが
こちらはどの部位も、テーブルに出てきてからお客さんの好みで、
焼く前用のタレ2種+味付け塩を選んでつけて、
牛と違う鶏なので焼き(鶏)肉よーく焼き、
食べる用のタレも2種+塩をお好みでつけて食べる
というスタイルで、焼き(鶏)肉は初めてだったので、
どの部位がどのタレが合うとか、この部位はどれくらい
よく焼いた方がいいのか? が、解らなかったので~
高級焼肉店のように、お店の人が 1卓1人ついて
焼いてくれたら嬉しかったなぁ~と思いました(^▽^;)

14部位の後には、鶏屋さんならではの~
鶏のスープもしくは鶏雑炊を選べて、デザートも付きました♪
いろんな種類を少しずつたくさん食べられるのは、
女性は大好きなパターンだと思うし
ヘルシーなタンパク質摂取が出来るところが、
細マッチョを目指す人にもウケる気がしました。

IMG_0200
お酒が好きな人には同じビルの3階に系列店の素敵なバーがあるそうで、
二次会などのご利用には是非ぜひ~とのことでした(^▽^;)

炭火串焼き鳥店だと喫煙なお店がほとんどなので、
焼き鳥好きな禁煙な方には特にお勧めですね。




恵ena那ad_pub  at 00:26
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星