トップページ » 思春期ファンタジーって?

思春期ファンタジーって?

348091_02_01_02


思い出のマーニー (2014)

【監督】米林宏昌
【声の出演】高月彩良 杏奈

    有村架純 マーニー
    松嶋菜々子 頼子
    寺島進 大岩清正
    根岸季衣 大岩セツ
    森山良子 老婦人
    吉行和子 ばあや
    黒木瞳 久子
    杉咲花 彩香

【解説】
「借りぐらしのアリエッティ」で長編デビューを飾った米林宏昌監督が、
英国の名作児童文学を舞台を北海道に置き換えて映画化した感動の
思春期ファンタジー。心を閉ざした多感な12歳の少女が、
謎めいた同い年の少女と過ごすひと夏の不思議な思い出と心の成長を
瑞々しく詩情あふれる筆致で綴る。
また、これまでスタジオジブリを牽引してきた二枚看板、高畑勲、
宮崎駿両監督が関わらない初めてのジブリ長編映画としても話題に。
声の出演はWヒロインに高月彩良と有村架純、さらに松嶋菜々子、黒木瞳ら
豪華キャストが脇を固める。
北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。辛い生い立ちから心を閉ざし、
誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。
そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を
過ごすことに。そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。
地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え
惹かれていく杏奈。その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、
必ずそこには金髪の少女の姿があった。ところがある晩、湿っ地屋敷へと
やって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。
少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。
そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を
育んでいく杏奈だったが…。              <allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://marnie.jp/

348091_01_02_02
(C) 2014 GNDHDDTK

★★☆ [50点]「毎度おなじみ、ピーターパンな大人の映画?」

ジブリ映画は、一応観ます。
最近は試写会がちっともあたらないので、
ついつい観そびれる事が多いのですが、
今回は早々に劇場で観てきました。

小さい子が居たら正直嫌だなあ~とか、
子供と一緒にジブリに来る親は、
質問攻めに合い大変だろうな~と思いつつ、
劇場に入ってみると、大人だけでホッとしました。

348091_01_01_02-1
(C) 2014 GNDHDDTK

日本テレビの宣伝で見所などは頭に入っていたので、
マーニーの色っぽさとか、湿地帯の風景などなどに
注目はしましたが、やはり内容は・・・
幼稚園や小学校低学年中学年では無理でしたね。
ファンタジーといえばまぁそうですが「思春期ファンタジー」?

ジブリ映画は、製作側が皆どちらかというと
「ピーターパンシンドローム」的な、
夢見る大人たちの集まりなので、こういう題材、ストーリーが
好きなんだろうけれど、今回は特に子供向きではなかったですね。
テーマ曲も洋楽で、アナ雪みたいに
子供が口ずさむこともできないですし・・・ね(苦笑)

Posted by 恵ena那 on 2014/08/23 with ぴあ映画生活
348091_01_01_02
(C) 2014 GNDHDDTK


恵ena那ad_pub  at 09:21
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星