トップページ » 何故??? 皆さんの感想が知りたい

何故??? 皆さんの感想が知りたい

アクトオブキリングアクト・オブ・キリング


アクト・オブ・キリング (2012)

【監督】ジョシュア・オッペンハイマー / クリスティーヌ・シン
【出演】アンウォー・コンゴ/ハーマン・コト



アクト・オブ・キリング
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

【解説】
1965年から66年にかけて、インドネシアで政権を巡る権力闘争を
引き金とした20世紀最大規模の大虐殺が発生する。事件の真相は
闇に葬られる一方、殺害を実行した者たちは罪を問われることなく、
今なお英雄として平穏な日常を送っている。
本作は、そんな殺人部隊のリーダーにカメラを向け、殺戮がどのように
行われたかを加害者たち自身による再現で映像化し、その衝撃の
真相を明らかにしていくドキュメンタリー。
製作は「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」の
エロール・モリスと「グリズリーマン」のヴェルナー・ヘルツォーク、
監督はジョシュア・オッペンハイマー。山形国際ドキュメンタリー
映画祭2013では『殺人という行為』というタイトルで、
インターナショナル・コンペティション参加作品。
<allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://aok-movie.com/

347214_01_01_02
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

★★ [40点]「私は賛成できない」

マスコミ試写会で早々に観てきたけれど、
あちこちの映画祭で評価をされたという作品だというけれど、
なぜこれを皆絶賛するのだろう。私は賛成できない。

347214_01_04_02
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

反面教師的な意味では、こういうことが今後起こらないように、
映像化して記録として残すという手法?で、
ドキュメンタリーとして撮ることにした経緯はまだ理解できるけれど、
撮り始めて、再演するという意外な方向性に進んだ時に、
やるべきかやらないべきか・・・
私は、再演することで、反省どころかスター気取りに
なっていく=そうさせたことに、観ていてちょっと許せなくなりました。

347214_01_02_02
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

ラストでやっと反省した?かもしれないけれど、
こんな人たちのせいで、インドネシアのたくさんの人が死に、
彼らは処罰されずスター気取りで映画?!
遺族の人の気持ちを逆なでしたはずだと思うし、
2時間の映画を見ていて、気分は悪いし辛かったです。

347214_01_05_02
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

こんなに絶賛していいの? 私は本当に賛成できないですねxxx
皆さんの感想が知りたいですね。

Posted by 恵ena那 on 2014/01/28 with ぴあ映画生活
347214_01_03_02
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012



恵ena那ad_pub  at 02:26
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星