トップページ » 女子会の前後に笑いを・・・

女子会の前後に笑いを・・・

346544_01_01_02
(C)2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

グリフィン家のウエディングノート (2013)

【監督】ジャスティン・ザッカム
【出演】ロバート・デ・ニーロ / キャサリン・ハイグル / ダイアン・キートン / アマンダ・セイフライド / トファー・グレイス / ベン・バーンズ / スーザン・サランドン / ロビン・ウィリアムズ

グリフィン家のウエディングノート2


【解説】
ロバート・デ・ニーロとダイアン・キートンが別れた元夫婦を演じ、
次男の結婚式で10年ぶりに一堂に会した破天荒一家が
巻き起こすドタバタ劇を描く群像コメディ。共演はキャサリン・ハイグル、
アマンダ・セイフライド、トファー・グレイス、ベン・バーンズ、
スーザン・サランドン、ロビン・ウィリアムズ。
監督は「最高の人生の見つけ方」の脚本で注目され、
これが長編2作目のジャスティン・ザッカム。
グリフィン家の主ドンは、ガサツで開けっぴろげな彫刻家。
前妻のエリーとは10年前に熟年離婚し、今は恋人で子どもたちの
母親代わりでもあるビービーと夫婦同然の同棲生活を送っていた。
そんな中、養子で次男のアレハンドロの結婚式が近づき、
子どもたちやエリーが久々に集う。さらにそこへ、アレハンドロの
実母マドンナがコロンビアからやって来ることに。ところが
アレハンドロは彼女にドンとエリーが離婚していることを
告げていなかった。超保守的で敬虔なマドンナがその事実を
知ったら大変なことになると言うのだ。そこでドンとエリーは
結婚式の間だけ、仲むつまじい夫婦を演じることにするのだが…。
<allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://www.weddingnote.jp/

346544_01_07_02
(C)2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

★★★ [60点]「やっぱり~ハチャメチャ」

すっかり渋さよりもコメディ寄りなデニーロも好きだけれど、
ダイアン・キートンが出てるっていうだけで、
もしかして~\(◎o◎)/って、
好奇心の方が強めで楽しみにしていました。
試写会で観てみたら・・・冒頭シーンから、やっぱり~でしたね(^_^;)

346544_01_02_02
346544_01_06_02
(C)2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

それにしても複雑な人間関係で・・・なかなか覚えきれなくて大変(^_^;)

それにしても、アマンダ・セイフライドは、やっぱり可愛いぃぃ❤
日本人だと、どうしても華原朋美がダブってしまう(笑)

346544_01_05_02
(C)2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

幸せになるための27のドレスの
キャサリン・ハイグルはお久しぶりでしたが、
昔のメグ・ライアンやジュリア・ロバーツのような
ラブコメの女王になって欲しい女優さんで好き~❤

346544_01_04_02
(C)2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

ホントに出演者は豪華で且つ、好きな俳優さんばかりで~
観ていて楽しいものの・・・要所要所に
ぶっちゃけな問題発言があり、若い子なら退くかも?!
結婚に夢をみなくなった年代の
女子同士で観るのがお勧めかな~(^_^;)

Posted by 恵ena那 on 2013/11/22
with ぴあ映画生活
グリフィン家のウエディングノート



恵ena那ad_pub  at 13:24
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星